診療時間表

〒674-0057 兵庫県明石市大久保町高丘5-6-14

無料歯科相談はこちらから

入れ歯でお困りの方はご連絡下さい。電話:078-938-2000

入れ歯(義歯)、部分入れ歯、総入れ歯の専門サイト。監修医院:兵庫県明石市/さか歯科医院

トップページ医院概要・交通案内なぜ入れ歯なの?患者様の声

入れ歯作製の流れ

モバイルサイト

トップページ»  入れ歯作製の流れ

※これは自費義歯の治療の流れであり、保険義歯においては、途中の材料、工程に省略・変更があります※

1.お口の中の情報収集

まずは、患者様のお口の情報を把握します。

口腔内診査 考究用模型 レントゲン
口腔内診査
視診、触診にて歯牙、歯周組織、欠損顎堤の状態を詳細に調べます。
考究用模型
上下歯型を印象、石膏を注入し、診断模型を作製します。現在の噛み合わせの状態を咬合器にマウントし、詳細に調べます。
レントゲン
デジタルレントゲンにて口腔内を撮影し、視診ではわからない歯牙、歯槽骨、顎関節などの状態を詳細に調べます。
↓

2.治療計画の提示・説明(カウンセリング)

2.治療計画の提示・説明(カウンセリング)お口の情報を、医院側だけでなく患者様とも共有し、問題点を理解・認識していきます。治療計画に同意・納得してから、快適な入れ歯(義歯)生活という共通のゴールを目指し、協力して治療を進めていきます。

↓

3.型採り

上顎口腔内 下顎口腔内
上顎口腔内 下顎口腔内
↓
上顎スナップ印象 下顎スナップ印象
上顎スナップ印象 下顎スナップ印象
↓
上顎個人トレー 下顎個人トレー
上顎個人トレー 下顎個人トレー
↓
上顎最終印象 下顎最終印象
上顎最終印象 下顎最終印象
↓
パテタイプのシリコン印象剤にて、仮バイトを摂取する。
パテタイプのシリコン印象剤にて、仮バイトを採る。
 
↓

4.噛み合わせの記録

入れ歯(義歯)を作る上で、最も重要なのは「噛み合わせ」です。

噛み合わせひとつで、良く合っている、噛める入れ歯(義歯)、噛むと痛い入れ歯(義歯)、噛めない入れ歯(義歯)になるぐらい、入れ歯(義歯)の出来を大きく左右します。

噛み合わせの記録1 → 噛み合わせの記録2 → 噛み合わせの記録3 →

「ウイルス法」に基づいてバイトゲージにて垂直的咬合高径を求めていきます。一般に瞳孔線から口裂間の距離と鼻下点からオトガイ間までの距離が一致するといわれています。また利き手反対側の掌根間距離が鼻下、オトガイ間と一致する、という「堀江法」も参考にします。

噛み合わせの記録4 → 噛み合わせの記録5 → 噛み合わせの記録6  
コインをぶら下げた紐を用いて正中ラインを引きます。   バイオブレンド・ツースインジケーターを用いて患者様にとって適切な人工歯の大きさをお顔から求めます。  

1. ゴシックアーチとチェックバイト

下顎が前後、左右に動く運動路の軌跡をゴシックアーチといいます。咬合採得における水平的下顎位の決定、現在の咬合位を確認するために用いる方法です。
また、それぞれを記録するのをチェックバイトといいます。半調節咬合器の顆路調整を行う目的で下顎の前方位(前方チェックバイト)あるいは側方位(側方チェックバイト)における上下顎の位置関係を記録するものです。

ゴシックアーチ

上下のゴシックアーチ装置1 → 上下のゴシックアーチ装置2 → 装置を口腔内に設置中 →

上下のゴシックアーチ装置。

 

装置を口腔内に設置中。

 
運動経路描記図 → 顎運動を記録したゴシックアーチトレーシング      
患者様に顎運動をイメージしていただくために作った運動経路描記図。
これを見ながら顎を動かしていただく。
  顎運動を記録したゴシックアーチトレーシング。      

チェックバイト

ノギス → シリコン剤を注入 → 硬化中
ノギスにてポイントを計測し、顎位復帰点を定めて描記針陥入孔を設ける。   シリコン剤を注入し、前方、左側、右側、中心位と記録を採る。   硬化中。
↓

2. フェイスボウトランスファー

フェイスボウトランスファーとは、顔の中心を基準とする咀嚼器構築システムのことで、上顎が顎の関節に対してどの位置にあるかを記録し、それを咬合器に移して患者様の生体に近似するよう求めるものです。
上顎と顎関節との位置関係を記録し、咬合器の開閉軸に対して生体と同様の位置関係になるよう上顎模型を取り付けるための咀嚼器構築システムです。

中心位でバイトフォークを固定させる   外耳道にフェイスボウを挿入し、前方基準点を合わせて調整していく   マウント

中心位でバイトフォークを固定させる。

  外耳道にフェイスボウを挿入し、前方基準点を合わせて調整していく。  

フェイスボウ、ゴシック、チェックバイト、これらを元に咬合器にマウントする。

咬合器にフェイスボウを装着し、上顎模型の付着を行います   各種チェックバイトを用いて顆路角度を調整し、人工歯を配列していきます

これはハノー咬合器を使ったケースですが、咬合器にフェイスボウを装着し、上顎模型の付着を行います。

 

下顎も同様に付けます。各種チェックバイトを用いて顆路角度を調整し、人工歯を配列していきます。

一定の配列基準を元に、配列完了したところ   人工歯配列の終了した上下顎模型をはずしたところ

一定の配列基準を元に、配列完了したところ。

 

人工歯配列の終了した上下顎模型をはずしたところ。

↓

5.試適

入れ歯の吸着具合 歯並び 噛み合わせ
吸着 歯並び 咬み合わせ
上記3点が、患者様にきちんと合っているかをチェックします。
     
咬座印象を行い、より精密な

咬座印象を行い、より精密な
型採りをします。

チェックバイトを採り、誤差のない

チェックバイトを採り、誤差のない
噛み合わせを目指します。

 

6.完成

入れ歯の吸着具合歯並び削合調整
入れ歯(義歯)がきちんと噛めるかは、削合ひとつで決まります。
咬合点をきちんと出し、干渉をはねていきます。

 

咬合点をきちんと出し、干渉をはねていきます。
各種運動時に義歯が干渉し、安定を損なわないか、削合調整する

中心位での安定した咬合。そして各種運動時に義歯が干渉し、安定を損なわないか、削合調整する。

右側方、運動時

右側方、運動時。

左側方、運動時

左側方、運動時。

前方、運動時

前方、運動時。

上顎総義歯吸着度は良好

上顎総義歯吸着度は良好。

下顎総義歯吸着度は良好

下顎総義歯吸着度は良好。

上顎咬合点

上顎咬合点

下顎咬合点

下顎咬合点